聴いているだけで、どこかFUNな気持ちになってしまう、そんなチュッパチャプスのブランドメッセージ「FOREVER FUN」を、音楽を通して感じるプレイリスト。

Mom

Mom

シンガーソングライター/トラックメイカー。
現行の海外ヒップホップシーンとの同時代性を強く感じさせるサウンドコラージュ・リズムアプローチを取り入れつつも、日本人の琴線に触れるメロディラインを重ねたトラック、遊び心のあるワードセンスが散りばめられた内省的で時にオフェンシブなリリックに、オリジナリティが光る。音源制作のみならず、アートワークやMusic Videoの監修もこなし、隅々にまで感度の高さを覗かせる。
2018年11月、初の全国流通盤『PLAYGROUND』をリリース。Apple Music NEW ARTISTやタワレコメンに選出され、翌年5月にchelmicoを招き渋谷WWWで開催したリリースパーティを即完させる。
好きなフレーバー→プリンとコーラ

↓ more
  • 1

    daniel jonston
    life in vein

  • 2

    elliott smith
    tomorrow tomorrow

会話とか景色とか、何一つとしてしっくり来ない日に自然と再生している二曲。怒りや諦念もあるけど、奥底にぼんやりと優しい火が灯っています。音楽に限らず、作品に触れるということはエネルギー共有。何度も吸い取って、吸い取られて、ようやっと気を許してくものです。エリオットスミスもダニエルジョンストンも出会った頃はチクチクしていたけれど、今ではとても朗らかに聞こえます。ずっと大好きです。

佐藤ノア

NOAH SATO

アーティスト、SNSプロデューサー、ファッションモデル、Instagram、Twitter、YouTube、TikTok、Weiboなど多くのSNSを使いこなし、総フォロワーは170万人越え、バンドsuga/esでも歌詞を担当しており、今後の音楽活動も期待される。
超ポジティブでキッパリとした発言やメイク動画などが女子中高生から大人まで共感を呼んでいる。最近ではSoftbank、トレンダーズ、Facebook社などの企業でセミナーを年間10本以上行い、インフルエンサーカルチャーの底上げを狙っている。写真集『白昼夢』は増刷を重ね話題を集めた。
好きなフレーバー→ラムネ

↓ more
  • 1

    Bingle Bangle
    AOA

  • 2

    Funny Bunny
    the pillows

最近聴いてる可愛いけれどサウンドが印象深いKPOPと私が自分のルーツだなと思う曲です。どちらの曲もすごく好きな曲なのでぜひ聴いてみてください。

Kaya

Kaya

2001年9月27日神奈川県出身。
5歳頃よりスケボーをはじめ、現在はプロスケーターを目指す18歳。スケーター、モデルとして活躍中。昨年、AbemaTV「オオカミちゃんには騙されない」(第6弾)にて注目を浴びる。
好きなフレーバー→コーラ

↓ more
  • 1

    Do You Remember
    Chance the Rapper

  • 2

    Panini
    Lil Nas X

どちらの曲も、それまで聴いていたヒップホップにはないリズムとビートでめちゃ好きになりました。とてもチルできる。この曲を聴きながらスケボーをしていると最高に気分が上がって楽しく滑れるんですよね。

Kuno Fell Asleep

Kuno
Fell Asleep

クリエイティブエンジニア。
2019年Facebook London主催のSpark AR Hackathon India準優勝。個人制作アプリの総ダウンロード数は10万を超える。
好きなフレーバー→プリン

  • 1

    Positive State of Mind
    Lick-G

  • 2

    Junk Story
    hide

  • 3

    タイムマシーンにのっかって
    MORISAKI SHINYA

人生を楽しむために、ちっぽけな問題をいちいち気にしないことや、嫌な思い出をすぐに忘れたりすることが、自分にとって重要な要素のうちのひとつです。そんなモードにさせてくれる歌詞の3曲を選んでみました。