FUN.03

Mom x フルヤクウト

Mom x フルヤクウト

本気でやるから楽しい
感受性を研ぎ澄ませて
作り続ける。
Mom × フルヤクウト

FOREVER FUN x MUSIC

Photo: Mariko Kobayashi
Text: Yu-Go Hiragino
Editor: Taiyo Nagashima

楽しく生きるのは、ラクをするということじゃない。意志と工夫によって、「楽しさ」は生みだせる。チュッパチャプスが掲げる「FOREVER FUN」は、小さい頃純粋に感じた “楽しさ(FUN)” を忘れず、何かに夢中になって生きる全ての人を讃え、共に楽しむための合言葉だ。『FOREVER FUN ZINE』では、そんな合言葉を体現する人の、生の言葉を記録する。

第3回は、早耳なリスナーから支持されるシンガーソングライター/トラックメイカーのMomと、彼の楽曲『マスク』でMV監督を務めたフルヤクウト、同い年の2人のトーク。昨年チュッパチャプスとコラボレーションした楽曲『ハッピーニュースペーパー』や、作品に込める思いや姿勢について聞いてみた。

Mom x フルヤクウト
Chupa Chups チュッパチャプス
Mom

FOREVER FUN x MUSIC

いつしかお互いを褒め合う関係になった、インターネットで出会った二人

フルヤクウト

最初の出会いは、僕がネットナンパしたのがきっかけだよね。

Mom

そう、ガチのネットナンパだった(笑)。インスタのDMでけっこうな長文送ってきて。

フルヤクウト

昨日読み返してみたら「ウワッ長い!」て思った(笑)。シンパシー感じまくってるから会おうぜ、みたいな。

Mom

改めて思い返すと変な感じ。でも、こいつと会ったら人生おもしろくなりそうだなって感じたのを覚えてる。

Mom

フルヤクウト

ほんとに!? めっちゃうれしい。あの頃も映像をつくっていたけど、全然形になってなかったから「誰?」って感じだろうと思ってた。声かけてよかった。

Mom

今も、まだ広く知られていないミュージシャンに声をかけてMVつくるのを続けてるの?

フルヤクウト

そうだね。映像だけやってるわけではないんだけどね。服屋さん(原宿の「サントニブンノイチ」)でも働いてるし、この間は東京コレクションでランウェイを歩かせてもらったりして、いろんなことに挑戦してるよ。Momはどう? ラッパーって名乗ってないんだよね。

Mom

うん、シンガーソングライターって名乗ってる。ラッパーという入り口から聴きにきてもらいたいわけじゃないんだ。誰もやったことのない音楽がやりたいから、何者とも捉えられないような見せ方ができたらいいな。ラップというか、ヒップホップって、今はいろんな分野の音楽に取り入れられる時代になってきてると思う。根っこにカルチャーへの愛やリスペクトがないといけないけどね。

フルヤクウト

できてると思うよ! ヒップホップは、オラオラっぽいノリの人が多いけど、Momはそういう雰囲気とは違う、ちょうどいい距離感。それがめっちゃ好きで、仲良くなれるって思った理由の1つ。

フルヤクウト

Mom

ヒップホップ以外にロックとかも聴いてきたし、ギター弾き語りの曲もやるし、くるりやナンバーガール、スーパーカーみたいな雰囲気の曲もつくってた。いろいろをヒップホップに絡めて日本語でやる中で、自然とMomのスタイルが固まっていった感覚かな。ヒップホップは個が立ってたほうが絶対おもしろくなる。いろんなノリの人がちょっとずつ増えてきたのはすごくいいことで、強面な人も、ナードな人も、どっちもいていい。

フルヤクウト

誰かを否定するようなことを言わないで、僕は僕でこういうのをやるよっていう。

Mom

そうそう。みんなが自分の主張を持ってるけど、潰し合うことなんてない。僕らの理念だもんね、楽しくやろうよって(笑)。

フルヤクウト

理念なんて決めてたっけ?(笑) でもそれってまさに今回のテーマの「FOREVER FUN」に当てはまるのかな。

Mom x フルヤクウト

Mom

楽しくありたいよ。ただちょけてるだけなのは違うと思ってて。何かに本気になって打ち込んだ先の楽しさを求めてる。自分の熱量を捧げられるもの。僕だったら音楽だし、クウトだったら映像だし。そういう目印を常に自分の中に持っていたいというか。それがないと退屈で死んじゃうって思うから。

フルヤクウト

やっぱかっこいいな(笑)。こいつ、かっこいいんですよ。こういうとこ好きっす。

Mom

(笑)

フルヤクウト

本気でやってないと意味がないっていうマインドは僕も一緒。あと、楽しさの感じかたが似てる。どうせやるんだったら誰かにちゃんと評価されたいとか、誰かの気持ちを動かしたいとか、そういう気持ちでものを作っているところも親近感を覚えるかな。

Mom

クウトもかっこいいよ。いいこと言う。

フルヤクウト

今のやり取りもそうだけど、お互い素直に褒めあってるよね? 「お前ほんとにやばいって!」って思ったら伝えないともったいないし、抑えられない。もちろん僕も言われたらうれしいし、たとえ本人の意図とは違っても言っちゃう(笑)。それが楽しく続けるポイントのひとつかも。

Mom

ほんとにしょっちゅう褒めてくれるよね。家にずっといてほしい(笑)。最高にモチベーション上がりそう。

フルヤクウト

僕のことももっと褒めてくれていいんだよ?

Mom x フルヤクウト

新曲に込めた「平熱のリアリティ」は、思考停止しないで生きるためのヒント。

フルヤクウト

いろいろ悩むこともあるけど、ポジティブな方に自分を持っていくやりかたって、自分の中に「これ」ってものがあったりする?

Mom

やっぱり音楽だと思う。歌を生み出すことで自分の中の均衡を保ってる部分はあるよ。大きな悲しみとか、気持ちが盛り上がる瞬間みたいな、わかりやすい感情の動きだけじゃなくて、生活の中の何気ない違和感を歌詞にしてることが多いかな。自分は少なくとも平熱の状態を切り取りたくて、そこにリアリティが生まれると思ってるから。自分自身そういうものにグッとくるし、今の日本にはそういう音楽が必要なんじゃないかって意識してるかも。

フルヤクウト

チュッパ チャプスとコラボしてた『ハッピーニュースペーパー』はそういう楽曲だよね。音だけ明るくて、実は歌詞めちゃめちゃシニカルというか、けっこう言っちゃってる。

ハッピーニュースペーパー

Mom

ちょっと前までサウンド的にドープなもの作りたい時期だったんだけど、そこから変化して、「ポップな曲を作ってみる」という流れの中で生まれたのがこの曲。でも歌詞は最近気になってることをありのまま書いてるね。サウンドでだまくらかしてる。

フルヤクウト

けっこう批判的な内容じゃない?

Mom

ポリティカルなものを扱う意識はないんだけどね。生活の話って思ってる。でも同世代の人たちに対して「ちょっと考えてなさすぎるな」って感じることは多いよ。普段生きている中で疑問を持つ瞬間って普通にあるはずなのに、思考停止して受け入れてる人が多いんじゃないかって。

Mom x フルヤクウト Mom x フルヤクウト

フルヤクウト

今日は取材が入ってるからいろいろ喋ってるけど、普段は本当にそういうこと教えてくれないよね(笑)。僕は全部聞きたい派なんだけど。この曲どういうコンセプトで作ってるの? ここってこういう意味? って。でも「え〜」とか言ってかわすじゃん。Momくん的に全部喋らない美学がある感じ?

Mom

いや、恥ずかしいのよ(笑)。それに、聴いた人が自分自身で考えて「こういう曲なのかな?」って想像することがすべてだと思うから、口で言ったら歌にする意味ないじゃん。

Chupa Chups チュッパチャプス

感覚を研ぎ澄ませて、愛とリスペクトとともに作り続けるという強い意志。

Mom

自分の好きなものに思いっきり打ち込んだり、熱く語ることに対して嘲笑するような風潮って、あるじゃん。

フルヤクウト

ある。

Mom

それは変えないといけないと思う。あ、うそ。自分のことで精一杯だから、世の中変えてやるぜ!っていうスタンスではないんだけど(笑)。でも、少なくとも僕は自分の好きなものにピュアでありたい

フルヤクウト

こいつ、やっぱりまじでかっこいいんですよ(笑)。

Mom x フルヤクウト

Mom

いやいや(笑)。自分がいいと思ったものをいいと言い合えることが当たり前になるのが理想だよね。あと、もっとディグったほうがいい。服の選び方も、表面的なものがすごく増えてきてる。パンクが好きだからレザーを着ろ!ってことじゃなくて、それを教養として知っておく、というか。

フルヤクウト

今日のファッションもハマダーだもんね。
※ハマダー:ダウンタウン浜田雅功の若い頃のファッションスタイル、及びそのフォロワーのこと。スカジャンやスタジャン、ルーズに穿いたジーンズ、ロンTの上に半袖Tを重ね着するなどの着こなしが代表的。

Mom

そうそう(笑)こういうの知ってたほうが楽しいよね。何となくおしゃれとか、何となくインディーロックっぽいとか、4つ打ち流行ってるから4つ打ちやろうとか。乗っかってやってるだけじゃやっぱり楽しくない。

フルヤクウト

楽しみ続けていく上で、ブレない芯が必要だよ。僕は映像とか服とかいろんなことに興味を持っちゃうけど、全部真剣に向き合うことだけは貫いてる。

Mom

愛やリスペクトがなきゃね。僕はもっと自分の感覚を研ぎ澄ませていきたい。今はピュアにそれができてるけど、これから環境が変わったり、いろんな情報や経験を得て、難しくなっていくこともあるかもしれない。実際に変わってしまう人も見てきたし。でも、なるべくみずみずしくいたい。そういう感受性はFOREVERでいきたいよね。FOREVER FUNっていい言葉だよ。ブレずにやっていこう。

Mom x フルヤクウト
Mom x フルヤクウト
Chupa Chups チュッパチャプス
Mom x フルヤクウト

FOREVER FUN x MUSIC

PROFILE

Mom

Mom(まむ)

シンガーソングライター/トラックメイカー。
現行の海外ヒップホップシーンとの同時代性を強く感じさせるサウンドコラージュ・リズムアプローチを取り入れつつも、日本人の琴線に触れるメロディラインを重ねたトラック、遊び心のあるワードセンスが散りばめられた内省的で時にオフェンシブなリリックに、オリジナリティが光る。音源制作のみならず、アートワークやMusic Videoの監修もこなし、隅々にまで感度の高さを覗かせる。2018年11月、初の全国流通盤『PLAYGROUND』をリリース。Apple Music NEW ARTISTやタワレコメンに選出され、翌年5月にchelmicoを招き渋谷WWWで開催したリリースパーティを即完させる。

好きなフレーバー→プリンとコーラ

フルヤクウト

フルヤクウト(ふるやくうと)

本名"フルヤクウト"とは別に"Sekaiseifukuyameta"として独自の世界観を爆発させる新進気鋭の映像クリエイター。彼の活動は様々でYouTubeチャンネル"airplaneモードにする"の運営、古着屋サントニブンノイチのスタッフ、東京コレクションのランウェイを歩くなど、枠に収まらずマルチに活動している。

好きなフレーバー→ラムネ

feat.XXX

ハッピーニュースペーパー
Music Video

「FOREVER FUN」からインスパイアを受け、Mom監修の下制作されたMV。監督は映像クリエイターのYudai Goto。